メインイメージ

オイルなどの状態を

自動車を長く乗り続けるためにもメンテナンスは絶対に必要としていて、特にオイル管理が大事としています。 なぜオイルの管理が大事になるのかというと、それは状態が一定になっているわけではないからです。 どんな物でもそうですが、使うことによって量が減ってしまったり劣化してきてしまい性能低下します。 これはオイルも同様としていて、量が減ってきたり劣化して性能低下してきます。 一番問題なのが全く無くなってしまったり劣化して性能がかなり低下することで、これによりエンジンがかなり壊れやすい状態となります。 オイルを使って潤滑させることで、摩擦をかなり減らして滑らかにピストンなどが動くようにしています。 性能低下そして全くない状態になると摩擦が発生してきてしまい、これにより熱の発生や抵抗を作ってしまいます。 そうなると、冷却しても追いつかなくてオーバーヒートしたり、抵抗によってスムーズに動かなく破損をしてしまいます。 故障を少なくするためにも、オイル管理をして交換そして補充が必要としています。

Copyright© 2015 維持をしたいならメンテナンスは大切 All Rights Reserved.