メインイメージ

無くなる前に補充

自動車は消耗品の一つで、自分でメンテナンスすることも必要になります。 より長く乗り続けるためにも、無くなる前にしっかりと補充をしてあげることが大事になってきます。 では何を補充しなければいけないのか、それはオイルと冷却水になります。 エンジンでかなり大事になってくるのがオイルと冷却水になります。 オイルは摩擦を出来るだけ減らすために必要としていて、これによりスムーズにピストンなどが動いてくれます。 冷却水は熱くなったエンジンを冷ますために必要としています。 この2つは一定期間で交換が必要としているのですが、しかし交換時期まで一定の量を保てるわけではありません。 何かしらの故障などによって無くなる可能性があって、これが大きな故障の原因をさらに生んでしまいます。 ですので、そうならないためにも無くなる前にしっかりと補充するようにして、一定の量をできるだけ保てるようにすることが大事になりますので、定期的に点検をしてメンテナンスをしていきましょう。

Copyright© 2015 維持をしたいならメンテナンスは大切 All Rights Reserved.