メインイメージ

身体と同じで車もメンテナンス

身体の健康を保つためには、定期的に健康診断を受ける必要があります。 身体に異常がなくとも健康診断を受けることで、身体の状態を知ることができますしまた異常があれば早期に発見をすることができるので、できるだけ早い段階で病気を治すことができます。 また、病気になる前であっても病気になりかけているという状態であっても、早めに手を打つことができるので身体の状態を気にするのであれば、定期的に健康診断をして身体のメンテナンスをすることが重要となるのです。 これは、自動車も同じことであり定期的に整備をすることによって、何時までもその状態を維持することができるのです。 自動車の寿命というのは日本では10年10万キロと呼ばれることが多いものですが、実際には手入れさえしていれば10年10万キロどころか20年20万キロでも30万キロでも走ることができるのです。 その証拠に海外では手入れをして長い間乗っているという人がたくさんいて、特に信頼性の高い日本性というのは世界中のどこの国でも人気があり20万キロ30万キロは当たり前に走っているのです。 そして、日本製の凄い所がメンテナンスをそれほどしっかりと行わなくても10年10万キロを走ることができるという点にあり、手入れもせずにここまで乗ればもう十分という人も多く、この時期になると寿命と考え手放す人も多いのです。 しかし、整備さえしていればいくらでも走ることができるものをこの程度の時期に手放してしまうというのは勿体の無いもので、また長く乗り続けるつもりであればこの時期というのは本の通過点でしかありません。 そのため、身体と一緒で自動車を長く乗り続けようと思った時には定期的に消耗部品の交換などをすることによって、何時までも状態を維持することができ長く乗り続けることができるようになるのです。 車の状態を維持するというのはそれほど難しいことではありませんから、長く乗るつもりであればメンテナンスにだけ気を使うようにしましょう。

車検は健康診断と同じ

詳しくは見出し又は、「車メンテナンス」から

Copyright© 2015 維持をしたいならメンテナンスは大切 All Rights Reserved.