メインイメージ

直す場所が増える

自動車で故障をしていても全く走行に問題が発生しないのなら修理しないでそのまま走行することがあります。 さらに支障がないことによって故障をしていると知らないで走行してしまうのですが、実はこの行為がより故障を増やしてしまいます。 故障が増えれば当然直す場所も増えてきてしまうためよりお金がかかり状況によって乗り換えなくてはなりません。 だからこそ定期的にメンテナンスをして故障をいち早く発見して直すのが一番です。 ではなぜ故障が増えるのかというと、それは負担が通常よりもかかってしまうからです。 ある一部分が故障をしていると、通常ではありえない動きそして違う力が他の部品に加わります。 それだけなら走行可能としていても、違う部品に違う力が加わることで負担が大きくなります。 ある程度壊れないように設計されているけれども、通常では考えられない力が加わることで簡単に壊れてしまいます。 なので1箇所壊れてしまうとどんどんと故障箇所が増えてきてしまうため、自動車はいち早く直すことが長く乗り続けるためにも必要になります。

Copyright© 2015 維持をしたいならメンテナンスは大切 All Rights Reserved.