メインイメージ

維持をしたいならメンテナンスは大切

車の状態を保つためにはメンテナンスが重要となりますが、車の寿命を10年10万キロが限度だと思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに一昔前までのものであれば、そのぐらいの時期でガタのくるものも多かったのですが、現在の信頼性の高い日本製のものはその程度でダメになるということはなくメンテナンスさえしていればいくらでも走り続けることができるのです。その証拠に海外では20年以上前の日本の車が何十万キロと走行していることも珍しくなく、メンテナンスさえ行っておけばその信頼性の高さというのはすでに実証済みなのです。

BOOKMARKサイト
予約できる日の確認もネットでできる

しかし、日本にはこのような信頼性の高い物が山ほどありますから、わざわざ手をかけずに乗らなくても適当な時期が来れば乗り換えてしまったほうが早いという人も多くいます。

そして、その目安となるのが様々な消耗部品を交換する時期にあたる10年10万キロということになるのです。
つまり、このぐらいの時期で乗り換えることを検討しているのであれば信頼性の高い日本の車というのは、最低限のメンテナンスをしていれば問題なく乗り続けることができるため、あまり気をかける必要も無いのです。

10年10万キロも超えると商品としての価値がほとんどなくなってしまいますから、そのようなものに整備に何十万円とかけるよりは新しいものを買ったほうが良いという考えも決して悪いものではありませんが、愛着を持って長く乗ろうと思った時にはメンテナンスを欠かすことができません。

BOOKMARKサイト
決まった端末のみでなく、豊富な用意があるから安心

このぐらいの時期になると確かに何十万円と整備費用がかかってしまいますが、一度しっかりと手入れをすればまた10年10万キロと乗り続けることができるわけですから、新しいものを買うよりもよっぽど安く済ませるということもできるのです。
そして、大事なことは10年10万キロを目安にメンテナンスをすることではなく定期的に車の状態を気にかけておくということが大切です。

日頃から大切に扱っていれば、大幅な手入れをする必要が出てくる箇所というのも少なくなりますから、まとまったお金がかかることもなくその結果最低限の整備で済ませることができるということもあるのです。

車というのは毎日乗り続けていると、少しずつ状態が悪くなっても気がつきにくいものですから完全に不調になってしまう前に、適度に状態のチェックをして悪い所があればその都度直していけば車は長く乗ることができるものなのです。

Copyright© 2015 維持をしたいならメンテナンスは大切 All Rights Reserved.